フラダンスの衣装・レイ

フラダンスのレイを手作りで!

フラダンスのレイはカラフルで種類もたくさんあります。

よく見かけるのは、お花で作ったレイですね。

ハワイやタヒチではレイに使われるプルメリア。

プルメリアはキョウチクトウ科プルメリア属の総称で、熱帯地方では四季咲きですが、

日本では温室で栽培され夏に花をつけるようです。

ハイビスカスやブーゲンビリアのレイもステキです。



貝殻をつなげて作ったレイや、リボンを編んで作られたレイもあります。

リボンレイは手作りでオリジナルのものをつけるのも良いですね。

色も素材も多種類のリボンが販売されてます。

気をつけたいのは、実際にフラダンスで使用するリボンレイの場合は、

色落ちするリボンだと汗で色がにじんだり、ドレスに色が移ったりします。

切れ端で色落ちしないかどうか、確かめましょう。

リボンレイの本
リボンレイ Ribbon Lei







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51651498
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。